シンマザ・シンパパが再婚で幸せを掴む方法

ライフ

シングルマザー・シングルファザーのための婚活がそこにはあった

シングルマザーの人数は100万人以上。

シングルファザーの人数は20万人以上。

どちらも様々な悩みを抱えながら生活しています。

「2人で子どもを育てていけたら…」

そんな悩みを持っている方が非常に多くいらっしゃいます。

そこで考えていただきたいのが「再婚」について。

今回は忙しいお父さん、お母さんでもできる婚活の方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

シンマザ・シンファザに多い悩み

まずはなぜ再婚をするべきなのか、シングルであるが故のデメリットと再婚をしたときのメリットから追っていきましょう。

お金の問題

基本的にシングルの方は生活費を一人で稼がなくてはいけません。

人によって年収は様々ですが、「世帯収入」という言葉があるように、単純に1人より2人で働いた方がお金に余裕ができるのは言うまでもありません。

現状経済的に不安がない方は問題ありませんが、シングルの方々の8割以上は経済的な不安を抱えながら生活をしています。

家事の問題

前述した経済的な理由に加え、仕事はもちろんのこと、毎日の家事もこなさなくてはなりません。

1日中一生懸命働きながら、家に帰ってきてもなお家の仕事をしなくてはならないのです。

家事は「勤務時間」として記録されるものではないので、ないがしろにされがちですが、勤務超過が叫ばれる昨今の就業問題からみると、おおよそのシングルの方が過労死レベルの「労働」を行っているのです。

これも二人で分散して行うことができればどんなに楽なことか想像にたやすいと思います。

子どもに対する罪悪感

私自身は片親であること自体が子どもにとって悪い影響を与えるとは考えておりません。

しかし、どうしても生活していると

「お父さんがいれば」

「お母さんがいれば」

というたらればに突き当たってしまうのは必然です。

本当の子どものきもちは子ども自身にしかわからないため、親としては想像するしかありませんが、その想像が罪悪感を生むきっかけとなってしまうのです。

異性の子どもに対する対応

これは特にシンパパの方に非常に多いのですが、

「思春期を迎えた異性との付き合い方がわからない」という悩みがあります。

男性には男性にしかわからない悩みがあるし、

女性には女性にしかわからない悩みがある。

そんなときにパートナーの存在は非常に大切になってくるのです。

再婚をしない人が多い理由

再婚についてシングルの方の話を聞いていると、最も多い意見が

「良い人がいれば、再婚したい」という意見です。

もう少し踏み込んで聞くと

「再婚はしたいけど、そんな時間はないし、そんな出会いもない」

皆さん口をそろえて答えます。

そんな方に私は「空き時間で簡単に」「子持ちの男女を結びつけるサービス」をご紹介しています。

子持ちコンが優れている理由


同じ仕事をしている人や同じ目標を持っている人は共通点が多いため、会話によどみが生まれず、本来の自分をさらけ出すことができます。

これと同じ理由で、シングルの方々は同じ境遇であり、同じ悩みを持つ方が非常に多くいるため、非常に高い確率でアクティブな婚活のシチュエーションをうみ出すことができるのです。

通常の婚活の場合、プロフィールのみの情報となるため、実際に会ってみるとほとんど話すことがなく気まずい思いをしてしまっている方が少なくありません。

子持ち婚ならそんな心配はいらず、巣の自分で相手に向き合うことができるため非常に有効な婚活を

行うことができます。

さらにこのサービスは登録からマッチングまで完全に無料なため、ぜひ気になるシンマザ、シンパパの方は一度登録してみることをお勧めします。

将来田舎で生活したい女性必見!超流行りの田舎婚とは
婚活最前線【田舎婚】とは 田舎に住む男性と田舎に住みたい女性を結びつけるための【田舎婚】専用婚活コミュニティが存在すると聞いて早速調べてみました。 田舎婚とは 田舎婚は、地方(田舎)に住む男性と都市部(都会)から地方(...

コメント

タイトルとURLをコピーしました