駐車場を予約する!外出先の駐車場を検索・予約できるサイト

ライフ

外出先の駐車場問題ではもう悩まない!非常に便利な駐車場予約サイト

外出先で駐車場がどこも満車!駐車場探しているうちにどんどん時間が無くなっていってしまう…そんな悩みを一気に解決できる夢のようなサービスがあります!

それは駐車場予約!!

なんとどこにでもあるコインパーキングを予約できてしまうという超画期的なサービスです。

今回はこの駐車場予約サービスの登録方法から使い方まで、この記事ひとつを読めば返却までスムーズに行えるようすべて解説していきます!

スポンサーリンク

初めに行うこと

まずはこちらの「特P(とくぴー)」というサイトに登録をします。※ちょっとサイトが重いですがしばらく待つと表示されます。

外出先近くの空いている駐車場やコインパーキングを検索・予約!特P(とくぴー)

クリックするとサイトのトップページが表示されます。

右上の「会員登録」ボタンを押してください。

twitterやgoogleのアカウントでも登録できますが、今回はメールアドレスで登録していきます。

基本情報を登録する画面に移りますので、すべての項目に入力を行います。

次に進むとクレジットカード情報を入力する画面に移ります。

※デビッドカードは現在使用できないようです。
現在クレジットカードをお持ちでないかたは、すぐに発行できる【エポスカード】をご利用ください。

クレジットカードの入力は後でも可能ですので、すぐに入力できない方はスキップをしてください。

クレジットカード情報の入力画面から次へ進むと、マイカー登録画面に移ります。

駐車場を利用する車が確定している場合は、この時点で入力してください。またレンタカーなどを借りる場合はあとで入力もできるので入力をスキップしてしまって結構です。

また、利用する車は何台でも登録可能ですので、複数台お持ちの方は台数分入力することも可能です。

最後に規約が閲覧できるので一読したのち「規約に同意の上登録する」ボタンを押下してください。

最後に登録したメールアドレスにメールが届いているかを確認して会員登録完了です!お疲れさまでした!

次は使い方を説明いたします。

駐車場の予約をする

会員登録完了のメールに記載のURLをクリックすると、以下のような画面が表示されます。

画面中央の「現在地」と書かれている部分をタップし、目的地を入力します。

今回は品川の「容器文化ミュージアム」に目的地を設定しました。

(ここでの筆者の趣味には目を瞑ってください。)

そして、「検索」ボタンを押してください。

するとマップが表示され、マップ上に駐車料金の書かれたアイコンが表示されると思います。(上記画像では「\500」のアイコンが目的地の左上に表示されています。)

※地域によっては駐車料金の書かれたアイコンが表示されない場合がありますが、表示されている範囲をずらしたり、マップを縮小すると現れます。

駐車料金の書かれたアイコンをタップすると、下図のようにポップアップが表示されます。

ここで駐車したい時間帯の料金をタップすると予約画面に移動します。(駐車したい時間帯は次の予約画面でも変更可能です。)

予約画面では上図のように周辺の実際の写真や、駐車できる車種・サイズ、駐車場の詳細な情報も確認することができます。

下へスクロールしていくと駐車予約をする日にちと時間帯を選択できるフォームがあるため、希望の時間帯をタップします。

※タップするとオレンジ色に色が変わります。(上図では8/24の18:00~24:00の時間帯を選択しています。)

なお、予約がいっぱいとなっている時間帯はフォームが非活性となって選択できないようになっています。(上図では8/20の18:00~24:00の時間帯が予約できない状態となっています。)

最後に車種を選択して一番下の「この駐車場を予約する」ボタンを押せば予約完了です!

なおレンタカーの場合は、当日までナンバー等が確定しないことが多いため、「車名」や「車のナンバー」は未入力のままで大丈夫です。

駐車場からでるときは

時間内に返却した場合、料金はクレジットカードで支払いが済んでいるため、特に支払いなどは不要です。

もし、時間内に車を出すことができない場合は再度予約が必要となります。※万が一予約がいっぱいの場合は各駐車場の管理へご連絡ください。

まとめ

現在も提携している駐車場が続々増えているため、もっと利用しやすく便利になるでしょう。

また、一度利用した駐車場はワンタッチで利用できるよう登録されるため、定期的に固定の駐車場を利用する方には非常に便利なツールになります。

お出かけの際には「特P」に登録して、ハイシーズンや観光地での駐車場探しとはおさらばしましょう!


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました