ナスカの地上絵を発見!斬新な絵のモデルは足が4本のネコ科の動物?

トレンド

2020年10月に大きな話題となった新しいナスカの地上絵。

今回のナスカの地上絵はまさかのネコ科の動物…?

こちらの記事では、新しく発見されたナスカの地上絵についてご紹介します。

スポンサーリンク

世界遺産に指定されているナスカの地上絵

こちらでは下記について解説していきます。

ナスカの地上絵とは何?
新しい地上絵について
SNSでの話題性

⒈ナスカの地上絵とは?

現在の南米ペルー(ナスカ川インへニオ川)に囲まれる高原に描かれた巨大な絵のこと。

マチュピチュに並び、ユネスコの世界遺産にも指定されています。

ペルー屈指の観光スポットとしても有名ですね。

⒉ネコに似た新しい地上絵を発見!

南米ペルーの文化省によると、今回見つかった地上絵は幅30㎝~40㎝の線で描かれ、全長は約37メートル。

4本足のネコ科の動物ではないかとされています。

急な斜面に書かれていたこともあり、展望台の修復作業をしていたスタッフにより発見されました。

ただ、ナスカの地上絵とは微妙にタッチが異なることから、ナスカ文明以前の紀元前500年から紀元200年頃のパラカス文明後期に書かれたのではないかとされています。

⒊ナスカの地上絵はSNSでも大きな話題に!

ナスカの地上絵発見のニュースはSNSでも大きな話題となりました。

中には新地上絵を見て「子どもが書いたの?」「フェイクニュースでは?」「自分でも書けそうで笑ってしまった」といったコメントをする方々も。

コメントの面白さから大きな反響が伺えます。

時代と共に愛されてきたネコ

4本足のネコに似た動物の絵は、ユニークな絵柄で多くの人々の関心を集めました。

当時ネコは焼物などにも多く描かれていたことから、時代を問わず愛されていたことがはっきりと分かります。

この先も技術の進歩により、新たな地上絵が発見されるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました