and more...

織田信長とは再婚だった帰蝶・最初の結婚相手は美濃の守護・土岐頼純だった?

織田信長の正室として有名な帰蝶。しかし信長に嫁ぐ以前、美濃の守護、土岐頼純(ときよりずみ)と結婚していたと言われています。

諸説ありのようですが、大河ドラマ麒麟がくるの中では、この話が採用されていました。

そこで、今回は帰蝶の最初の夫だったと言われている、土岐頼純について書いていこうと思います。

土岐頼純とはこんな人物

こちらでは、下記の項目について書いていきます。

斉藤道三とは敵同士だった。

2.土岐頼純と帰蝶が結婚

斉藤道三とは敵同士だった。

土岐頼純は、大永4年(1524年)、土岐頼武の嫡男として誕生。天皇家の血を引く土岐家は、家柄も良く、美濃の守護を務めていました。

父、頼武とその弟で頼純の叔父、頼芸(よりあき)は家督をめぐり対立。その頃、勢力をつけた美濃のマムシこと、斉藤道三は頼芸側に味方しました。

やがて、頼武は戦に負け戦死。頼純は母方の故郷越前に身を寄せますが、再び挙兵し戦いは続いていきます。

天文15年(1546年)、ようやく講和にこぎつけた頼純と頼芸。その時の講和の条件は、頼純が美濃守護になることでした。

土岐頼純と帰蝶が結婚

道三の陰謀はすでに始まっていました。 わずか12歳の帰蝶を、頼純の元へ嫁がせ親戚関係を結びます。

こうして、頼純と帰蝶は夫婦となりました。帰蝶の初婚は、信長と同じく、道三によって決められた政略結婚だったのです。

まぁ、この時代にはあるあるな事ですけどね。

24歳で不慮の死を遂げる!

頼純が守護に就任すると思われていた矢先、24歳の若さでこの世を去ります。

頼純の死は、道三の毒殺ではないかとの説もありますが、事実は不明のまま。

わずか12歳で頼純に嫁いだ帰蝶ですが、僅か1年ほどで結婚生活は幕を閉じました。

その後、15歳で織田信長の正室となり、帰蝶の名で有名になります。

そして、美濃のマムシこと道三は、後に頼芸を追放し美濃の守護に。

やはりマムシに睨まれるのは恐ろしいですね。

NHKの大河ドラマ麒麟がくるでは、女優の木村文乃さん演じる妻木煕子。

明智光秀の正室として、その良妻ぶりは有名ですね。

光秀もこの時代には珍しく側室を持たず、生涯煕子だけを愛したと言われています。

今回は、光秀と煕子に関する逸話を紹介していきましょう。

光秀と煕子のほのぼのエピソード

ここでは、二つの逸話を取り上げました。

容姿なんて関係ない!心の美しさが大切
髪を売って光秀を支えた献身な妻

⒈容姿なんて関係ない!心の美しさが大切

煕子は、光秀に嫁ぐ以前天然痘を患い、顔に痕が残ってしまいます。

煕子の父親は光秀に申し訳ないと、煕子にそっくりだった妹を身代わりとして嫁がせようとしました。

ところが、光秀は煕子ではないことを見破り、「容姿なんて関係ない、心の美しさが大切」と煕子を嫁に迎えたそうです。

⒉髪を売って光秀を支えた献身な妻

光秀がまだ仕官先を探していた頃、越前国(現在の福井県)の大名、朝倉家との連歌会のチャンスが巡ってきます。

しかし、その連歌会を開く資金がありません。

そこで煕子は、自分の髪を売りお金を調達。光秀は酒や魚をふるまって、連歌会は大成功したそうです。

理想の夫婦だった光秀と煕子

とても仲が良かったと言われる光秀と煕子。

そんな二人だからこそ、このような微笑ましい逸話が生まれたのでしょう。

出世する前から献身的に光秀を支え、美しく賢い女性だったそうです。

光秀はそんな煕子に頭が上がらず、一生涯側室を持たなかったとか。まさに戦国一のおしどり夫婦だったのかもしれませんね。

帰蝶、又は濃姫と言えば、織田信長の正室です。しかし、信長は二度目の結婚相手でした。

15歳で嫁いだと言われていますから、初婚は何歳の時だったのでしょうか。そして気になる相手はどんな人物?

前半は、帰蝶(濃姫)の生い立ちについて見ていきましょう。

こちらでは全て、帰蝶の名で統一させていただきます。

帰蝶の簡単な生い立ち

ここでは下記の項目をご紹介します。

父親は美濃のマムシこと斎藤道三!

2.帰蝶の史料はあまり残っていない

父親は美濃のマムシこと斎藤道三!

帰蝶は斎藤道三の娘として、美濃(現在の岐阜県)に誕生、別名は濃姫。

生誕は諸説ありですが、1535年(天文4年)生まれとも。

明智光秀とはいとこ同士の記述がありますが、光秀の出生も謎が多いためこちらもはっきりとは分かりません。

そして、帰蝶と光秀は恋仲だったとも言われています。

帰蝶の史料はあまり残っていない

帰蝶の史料は、あまり残っていないため、詳しい生い立ちなどは、創作で書かれることが多いようです。

15歳で、織田信長と結婚。夫婦仲についてもはっきりしていません。 二人の間に子供は授かりませんでした。

死没についても、本能寺の変で、信長と一緒に討死、又は離縁した、もしくは78歳まで生存していたなど様々です。

帰蝶は気が強く美しい女性だった?

ドラマなどに出てくる帰蝶のイメージは、気が強くて美人。

実際には信長の正室になるくらいの人ですから、気丈で賢い女性だったのではないでしょうか。

次回は、帰蝶の結婚について紹介していきます。

 

 

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5