織田信長とは再婚だった帰蝶・最初の結婚相手は美濃の守護・土岐頼純だった?

and more...

織田信長の正室として有名な帰蝶。しかし信長に嫁ぐ以前、美濃の守護、土岐頼純(ときよりずみ)と結婚していたと言われています。

諸説ありのようですが、大河ドラマ麒麟がくるの中では、この話が採用されていました。

そこで、今回は帰蝶の最初の夫だったと言われている、土岐頼純について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

土岐頼純とはこんな人物

こちらでは、下記の項目について書いていきます。

斉藤道三とは敵同士だった。

2.土岐頼純と帰蝶が結婚

斉藤道三とは敵同士だった。

土岐頼純は、大永4年(1524年)、土岐頼武の嫡男として誕生。天皇家の血を引く土岐家は、家柄も良く、美濃の守護を務めていました。

父、頼武とその弟で頼純の叔父、頼芸(よりあき)は家督をめぐり対立。その頃、勢力をつけた美濃のマムシこと、斉藤道三は頼芸側に味方しました。

やがて、頼武は戦に負け戦死。頼純は母方の故郷越前に身を寄せますが、再び挙兵し戦いは続いていきます。

天文15年(1546年)、ようやく講和にこぎつけた頼純と頼芸。その時の講和の条件は、頼純が美濃守護になることでした。

土岐頼純と帰蝶が結婚

道三の陰謀はすでに始まっていました。 わずか12歳の帰蝶を、頼純の元へ嫁がせ親戚関係を結びます。

こうして、頼純と帰蝶は夫婦となりました。帰蝶の初婚は、信長と同じく、道三によって決められた政略結婚だったのです。

まぁ、この時代にはあるあるな事ですけどね。

24歳で不慮の死を遂げる!

頼純が守護に就任すると思われていた矢先、24歳の若さでこの世を去ります。

頼純の死は、道三の毒殺ではないかとの説もありますが、事実は不明のまま。

わずか12歳で頼純に嫁いだ帰蝶ですが、僅か1年ほどで結婚生活は幕を閉じました。

その後、15歳で織田信長の正室となり、帰蝶の名で有名になります。

そして、美濃のマムシこと道三は、後に頼芸を追放し美濃の守護に。

やはりマムシに睨まれるのは恐ろしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました