and more...

【2】646年に発令された改新の詔•租庸調とはどのような税制度?

前回は、公地公民制(こうちこうみんせい)と班田収授法(はんでんしゅうじゅほう)について紹介しました。

今回は、税の仕組みについて簡単にまとめていきます。 律令国家と呼ばれた奈良時代から平安時代の初め頃、天皇中心の国を造るため、新たな税制度が誕生します。

前回のあらすじ⇒【1】646年に発令された改新の詔•国はどのように変化したのか?

租庸調(そようちょう)の始まり

奈良時代に、新しく造られた税制度を「租庸調」と言います。租庸調は、稲や布、特産品などの物を納めることを言います。

ここでは租庸調について、下記の項目をまとめました。

(1)租とは?

(2)庸とは?

(3)調とは?

(1)租とは?

租とは、班田収授法で与えられた口分田で収穫した稲の2束2把(3%)を地方の役所に納めること

1段につき2足2把(3%)。2段の場合、納める稲は3%×2

口分田は、戸籍を基に6歳以上の男女に与えられる(戸籍は6年に1度改正)

(2)庸とは?

庸とは、都に布を納めること(2尺6寸=約8m)。都まで自分で布を持って行かなければならない

布を納めることが出来ない、又は納めたくない場合は、都で10日間土木作業などをする

これを歳役(さいえき)と言い、どちらかを選択することができる。

(3)調とは?

調とは、自分が住んでいる地域の特産品を都まで持って行くこと

庸と同様に、都まで布や特産品を運ぶ仕組みを 運脚(うんきゃく)と言う

租庸調のまとめ

この時代の移動手段は徒歩。都に近い人は良いとして、遠方に住む人はかなり負担になっていたようです。

そして、庸と調では年齢によって納める税率が違いました。これを課役(かえき)と言います。

次回は、働く義務である労役・兵役について紹介していきましょう。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5