and more...

【3】646年に発令された改新の詔•働くことで納める税の仕組みとは?

【2】646年に発令された改新の詔•租庸調とはどのような税制度?では、租庸調(そようちょう)について説明しました。

前回のあらすじ⇒【2】646年に発令された改新の詔•租庸調とはどのような税制度?

簡単なまとめ、租庸調は稲や布、特産品なとの物を納めること。

今回は、労役(ろうえき)兵役(へいえき)と言った、働くことで課せられる税について紹介します。

働くことで課せられる税制度

租庸調は、布などの物品を税として納める税制度。庸は、歳役(さいえき※都で10日間働く)との選択肢がある。

ここでは、働くことで課せられる労役、兵役について下記をまとめました。

(1)労役(ろうえき)とは?

(2)兵役(へいえき)とは?

(1)労役(ろうえき)とは?

労役は、働くことで課せられる税のこと。そして、国衙(こくが※地方の役所)で、年間60日以下、土木作業などをして働くことを雑徭(ぞうよう)と言います。

歳役も労役に分けられますが、こちらは都で10日間土木作業をすることでした。

(2)兵役(へいえき)とは?

兵役とは、国衙や、都で警備をすることです。

これを3項目にまとめました。

1.軍団

軍団は、国司(こくし※国衙に勤務する役人)の元で10日間警備をする

2.衛士(えじ)

衛士は、都で1年間警備をする

3.防人(さきもり)

防人は、九州で3年間警備をする。

労役・兵役についてのまとめ

労役は、労働して課せられる税。例えて言うなら、税金を納める変わりにただで働くことです。
兵役は、地方や都で警備をすること。

そして、庸、調、雑傜を合わせて課役(かえき)と呼びます。

課役は、年齢によって納める、又は働く日数に違いがありました。
次回は、課役の納める税が、年齢によってどう違うのかを見ていきましょう。

 

 

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5