and more...

【5】2021年大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一とはどのような人物?

江戸幕府が朝廷に政権を返上した大政奉還。そして、明治政府が発足。徳川慶喜から独立した栄一は、大隈重信に誘われて大蔵省に入社します。

前回のあらすじ⇒【4】2021年大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一とはどのような人物?

しかし、僅か2年後に退社。その後、次々と色々な事業に携わっていきました。

今回は、そんな実業家としての渋沢栄一を見ていきましょう。

実業家としての才能を発揮!

大蔵省を辞めた栄一は、実業家として歩み始めます。

ここでは、下記の2項目についてまとめました。

(1)銀行を設立する。

(2)多くの会社設立に携わる

(1)銀行を設立する。

大蔵省を退職した2ヶ月後、1873年(明治6年)、栄一は日本で初めての銀行、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)を設立栄一が34歳の時でした。

新しい仕組みに戸惑いながらも、幾度となく倒産の危機を乗り越えます。そして、全国を周りながら日本の産業について訴えました。

この原動力が、現在の日本の源となっているのです。

(2)多くの会社設立に携わる

実業家となった栄一は、帝国ホテル、王子製紙、サッポロビールなど、500社以上の会社設立に尽力します。

そして、一橋大学・日本女子大学・早稲田大学・同志社大学などの学校設立にも貢献しました。

更に、経済面だけではなく、医療や福祉関係にも力を入れ、日本の困った人々を救う手助けも行っています。

日本の基盤を造った渋沢栄一

資本主義の父実業家の父と呼ばれるように、栄一は多方面で活躍しました。

70歳を過ぎて、アメリカを訪問。日米関係の親善に務め、その功績から二度もノーベル平和賞にノミネートされています

そんな渋沢栄一の有名なモットーは「論語と算盤」。今の日本があるのは、まさに、栄一が日本を変えようと尽力してくれたおかげですね。

 

 

 

 

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5