and more...

(1)奈良時代に誕生した和同開珎(わどうかいちん(ほう)てどんな貨幣?  

708年、第43代元明天皇が即位していた頃、武蔵国(現在の埼玉県秩父市)で銅が発見されます。この銅から、和同開珎と言う貨幣が造られました。

元明天皇は、この喜ばしいニュースに年号を和銅に改名。そして、和同開珎を日本に流通させようと考えたのです。

今回は、日本初の流通貨幣、和同開珎について説明していきましょう。

 

和同開珎が鋳造された経緯

ここでは、下記の2項目についてまとめました。

(1)物々交換が主流だった。

(2)シルクロード商人たちの活躍

 

(1)物々交換が主流だった。

当時の日本は、物々交換が主流の時代。しかし、物々交換と言うのは、決して自分の欲しい物が手に入るわけではありません。

交渉する相手が、自分の買いたい物を持っていないと、満足な買い物ができないのです。

そんな時に飛び込んできた銅発見のニュース。

銅のような鉱物は、国の財力となり、様々な用途で使用できるので、この発見は大変喜ばしいことでした。

元明天皇は、この銅で和同開珎を鋳造します。

(2)シルクロード商人たちの活躍

元明天皇が治めていた時代は、唐やイスラム帝国など、華やかな文化が栄えていました。

これを支えていたのが、シルクロードの商人たちです。

長い旅を続ける商人たちは、穴のあいた貨幣に紐などを通し持ち歩くのが主流。

日本のような物々交換では、価値の有り難みもなく、適切な買い物もできない。

しかし、統一した貨幣なら、好きな物が買える。こうして、元明天皇は、和同開珎を全国に流通させようと考えたのです。

年号を和銅に改める!

和同開珎を鋳造し、周辺の諸外国に引けを取らないよう、価値の統一を考えた元明天皇。

このめでたい発見に年号を「和銅」と改めます。

しかし、この和同開珎は思うように浸透しませんでした。 次回は、和同開珎のその後についてまとめていきます。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5