and more...

日本初のカラー長編アニメ白蛇伝・モデルは中国の四大民間伝説?

日本で初めて作られた長編アニメは桃太郎の海鷲(うみわし)です。

ただ、桃太郎の海鷲は作品自体が白黒なので、初のカラー長編アニメではありません。

では、初めてカラーで作られた長編アニメはどんな内容だったのでしょうか?

日本初のカラー長編アニメは「白蛇伝(はくじゃでん)」

こちらでは下記の2項目をまとめました。

「白蛇伝」は1958年に公開された

様々な著名人に影響をもたらしている

1958年に公開された「白蛇伝」

(画像はイメージです)

日本で初めてカラーで制作された長編アニメの名は「白蛇伝」

心優しき青年・許仙(しゅうせん)と、白蛇の精である白娘(ぱいにゃん)の2人の恋模様を描いた作品。

1958年に公開され、上映時間は約79分です。

作品自体は、中国四大民間伝説の1つ「白蛇伝」がモデルになっており、この作品をきっかけに白蛇伝が日本人に広く浸透しました。

様々な著名人に影響を与えている

白蛇伝は様々な著名人にも影響を与えています。

その中でも有名なのは、スタジオジブリで有名な「宮崎駿監督」です。

高校生時代に鑑賞した白蛇伝は、宮崎駿監督がアニメーション業界に興味をもつきっかけの1つとなりました。

白蛇伝はDVD&Blu-rayでも発売

白蛇伝は、日本のアニメ文化を大きく発展させた作品の1つです。

作品制作に携わったスタッフの活躍はもちろん、白蛇伝を見たことで人生が変わった方もいるかもしれません。

また、白蛇伝はDVD&Blu-rayでも発売されています。気になった方は、購入を検討してみるのもアリですね。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5