and more...

世界で初めて販売された家庭用ゲーム機は「マグナボックス・オデッセイ」

日本で初めて発売された家庭用ゲーム機はカラーテレビゲーム15。

そして、海外で初めて発売された家庭用ゲーム機は「マグナボックス・オデッセイ」

こちらの記事ではオデッセイで統一させていただきます。

では、オデッセイとは、一体どんなゲーム機だったのでしょうか?

今回は、世界で初めて販売された家庭用ゲーム機「オデッセイ」について解説していきます。

 

日本で販売されていなかった「オデッセイ」

こちらでは下記の2項目についてまとめました。

(1) 1972年に発売されたオデッセイ

(2)「オーバーレイ」を使って雰囲気を変える!

1972年に発売されたオデッセイ

オデッセイは、1972年に当時の大手家電メーカー、マグナボックス社がアメリカで発売。

世界初の家庭用ゲーム機として注目をあびました。

価格は、100ドル(日本円で約3万6000円)。しかし、日本での発売はありませんでした。

そして、1982年にコートン・トレーディング・トイタリー・エンタープライズからオデッセイ2が発売。

ちなみに、こちらは日本でも販売されています。

発売当初は49800円でしたが、後に、29800円に値下げされました。

(2)オーバーレイを使って雰囲気を変える

オデッセイは、パドルコントローラーという円形のつまみをひねって画面を操作するコントローラーを採用。

画面上に表示される四角を動かして遊びます。

更に、ゲームの雰囲気を変える「オーバーレイ」と言われる透明な板を使用。

その板には背景が描かれており、テレビ画面に貼り付けることで、ゲームの雰囲気を良くするものでした。

様々な工夫をした「オデッセイ」

当時の技術では、ゲームに工夫をこらすのは、至難の業。

オデッセイには、おもちゃの紙幣などが附属品として使用されていたことから

ビデオゲームと言うより、オセロなどのボードゲーム感覚で遊ぶ人が多かったようです。

しかし、約40年以上も昔のゲーム機「オデッセイ」

値段もかなりの高額だったことから、幅広く支持されてはいなかったようですね。

 

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5