and more...

徳川家康の長寿の秘密は?麦飯を食べて薬も調合する健康オタクの将軍だった!

徳川家康と言えば江戸に幕府を開いた、徳川家初代の将軍です。天下人となった家康ですが、その食生活は意外にも粗食。

簡素な食事で、浮いた食事代は戦の貯えにしていたそうです。家康の意外な一面を見た気がしますね。

好んで食べていたのが麦飯。薬も自分で調合するなど、まさに人一倍健康に気を使う「健康オタク」でした。

今回は、そんな徳川家康の長寿の秘訣について考察していこうと思います。

長寿の秘訣は麦飯と薬

ここでは、下記の2項目についてまとめました。

(1)栄養満点の麦飯

(2)自ら薬を調合

(1)栄養満点の麦飯

幼少期を今川家の人質として、今川館で過ごした徳川家康。人質と言う立場はとても心細いものでした。

そんな、家康の食生活を覗いてみますと、意外にも「麦飯」を好んで食べていたんだとか。

麦飯は、ビタミンB1や、カルシウムが豊富。後に出世した家康は、麦飯を変えることなく、ずっと食べ続けていたそうです。

安価でしかも栄養満点。そんな麦飯なら、食べたくなる気持ちも理解できますね。

(2)自ら薬を調合

良く大河ドラマなどを観ていると、家康自身が薬を煎じているシーンを見かけたことがありませんか?

家康は、駿府御薬園と言う自らの薬園を持ち、4200坪の敷地内で、多くの薬草を栽培していました

薬剤の専門書「和剤局方(わざいきょくほう)」を熱心に勉強していたそうです。

天下を取るには長寿が第一!

徳川家康の天下を取る秘訣は長生きすること!自分が病気になると、自ら薬を調合して飲んでいました。

天下人になるためには、健康で病気をしないことが一番。

そんな家康だからこそ、「人生50年」の時代に75歳まで生きることができたのでしょう。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5