and more...

冷蔵庫について簡単まとめ・意外と知らない冷蔵庫の歴史についてご紹介!

冷蔵庫といえば、家庭には欠かせない家電製品の1つ。

様々なメーカーから高性能な冷蔵庫が発売され、私たちの生活を支えています。

もはや、冷蔵庫は一家に一台の時代ですね。

ところで、冷蔵庫が初めて開発されたのはいつ頃なのでしょうか。

今回は、そんな冷蔵庫の簡単な歴史についてご紹介します。

世界と日本国内では開発された時期が違う!

こちらでは下記の2項目についてまとめました。

(1)実用的な冷蔵庫は1856年に誕生

(2)国内で初めての販売は「SS-1200」

(1)実用的な冷蔵庫は1856年に誕生

世界で初めての実用的な冷蔵庫は、1856年に誕生した圧縮型エーテル冷蔵庫

開発したのは、オーストラリア出身のジェームズ・ハリソンです。

圧縮型エーテル冷蔵庫は、食肉加工業界等を中心に活躍

ちなみに世界初の電気冷蔵庫は、1918年にケルビネーター社が開発・製造したのが始まりでした。

(2)国内で初めての販売は「SS-1200」

国内で初めて開発・発売された冷蔵庫の名前は「SS-1200」

開発元は、芝浦製作所(現在の東芝)が1930年に制作し、1933年に発売しました。

また、当時のSS-1200はとても高価で販売されており、家を買えるレベルの価格だったそうです。

普及率100%になったのは1970年代!

 

1933年に初めて発売された、国産の冷蔵庫。

しかし、当時はかなり高額な値段が付けられていました。

そして、1976年ごろからようやく一般の家庭にも普及されるようになります。

今では当たり前にある冷蔵庫。この先も、まだまだ最先端の冷蔵庫が誕生するかもしれませんね。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5