and more...

ディズニーの第一作目は世界初のカラー長編アニメーション「白雪姫」!

ディズニーと言えば、ミッキーマウスやプーさんなど、様々な人気のキャラクターを生み出している世界アニメーションのシンボルです。

また、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーは日本の定番観光地の1つとなっています。

今回は、ディズニー第一作目の作品、そして世界初のカラーアニメーション「白雪姫」についてご紹介します。

記念すべきディズニー第一作目は「白雪姫」

こちらでは下記の2項目についてまとめました。

(1)1937年に制作された世界初のカラーアニメーション

(2) 日中戦争の合間に製作された白雪姫

1937年に制作された世界初のカラーアニメーション

世界初のカラー長編アニメーションは、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが制作した「白雪姫(しらゆきひめ)」

グリム兄弟原作の「白雪姫」を、ディズニーが第一作目としてアニメーション化に成功。

1937年にアメリカで公開され、制作費用は170万ドル。巨額な費用が投資され、製作期間は約4年に及びました。

 日中戦争の合間に製作された白雪姫

白雪姫が製作・公開された1937年は、日中戦争がはじまった年です。

日本と中国が戦争を行っている頃、アメリカでは長編カラーアニメーションが製作されていたとは驚きですね。

世代を問わず人気の白雪姫

「鏡よ鏡!世界で一番美しいのは誰?」これは白雪姫に出て来るお妃さまのセリフ。

白雪姫の美貌に嫉妬したお妃さまは、毒リンゴを食べさせ、白雪姫を殺そうとします。

そして、白馬に乗った王子が白雪姫を助ける・・

昔も今も、幅広い世代に愛され続けているディズニー作品、

この先も多くの人たちに愛されていくことでしょう。

 

 

 

 

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5