and more...

史上最悪のノーベル賞・ロボトミー手術の前進であるロイコトミー手術とは?

 皆さんはロイコトミー手術をご存知でしょうか?

ロイコトミー手術とは、1940年代に実際に行われていた、精神疾患に対する外科的治療のことを指します。

そんなロイコトミー手術が行われるようになったきっかけとは?

また、ロイコトミー手術とはどのような手術法だったのか。

今回は、史上最悪のノーベル賞と言われた、ロボトミー手術についてご紹介しましょう。

チンパンジーを使った動物実験を開始

ここでは、下記の2項目についてまとめました。

(1)ロイコトミー手術のきっかけは?

(2 )エガス・モニスによって広まった「ロイコトミー手術」

ロイコトミー手術のきっかけは?

1935年に、ジョン・フルトンとカーライル・ヤコブセンの2人によって、動物の「チンパンジー」を用いた実験が行われました。

その内容はチンパンジーの中でも凶暴な性格のチンパンジーを選び、前頭葉を切ることで性格を穏やかにするというもの。

この実験は見事に成功。凶暴だったチンパンジーが大人しくなったと学会で発表されました。

エガス・モニスによって広まった「ロイコトミー手術」

ロイコトミー手術は、ポルトガルの神経科医であるエガス・モニスが見出した治療法です。

ロイコトミー手術…こめかみ辺りから左右に穴を開け、メスを挿入して前頭葉の白質を切除する

ロイコトミーは、有名な「ロボトミー手術」の前進にあたります。

史上最悪のノーベル賞と批判される

ロイコトミー手術を見出した、エガス・モニスは1949年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

一見輝かしい経歴を持つ、エガス・モニスですが、このノーベル賞に対し「史上最悪のノーベル賞」と批判の声が殺到。

医者の勘だけで行われた手術法だったことで、後遺症に苦しむ人が大勢いたのです。

こうしたことで、ロボトミー手術の被害者家族から、ノーベル賞取り消しの運動も行われました。

史上最悪のノーベル賞と批判されたロイコトミー手術。

現代の医学では的確に行う事が出来るのかもしれませんね。

 

 

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5