and more...

(1)青天を衝けキャスト紹介・27歳で老中首座となった切れ者阿部正弘について解説!

27歳の若さで老中首座となった阿部正弘。

そもそも、老中首座ってどのような役職なのでしょうか?

そこで今回は、若くして老中首座となった「阿部正弘」について、

前半と後半に分けて簡単に紹介していきましょう。

出世街道を走る

ここでは、下記の2項目についてまとめました。

(1)第7代福山藩主となる

(2)若くして出世

福山藩主となる

文政2年(1819年)、備後国(びんごのくに)福山藩(現在の広島県福山市)、第5代藩主阿部 正精(あべ まさきよ)の五男として、江戸西の丸屋敷にて誕生。

天保7年(1836年)、正弘は18歳で兄の阿部 正寧(あべ まさやす)から家督を継承し、第7代福山藩主となります

正弘が福山藩に帰省したのは1837年の一度きり。 仕事が多忙な為、帰る時間が取れなかったようです。

若くして出世

20歳で幕府の奏者番(そうじゃばん)に就任

※奏者番とは、江戸幕府および藩の役職の一つ。

城中における武家の礼式を管理する。

21歳で、寺社奉行(じしゃぶぎょう)見習い

25歳で老中に任命される

※老中とは、幕府の政治全般を取り仕切る最高の役職

27歳で、老中首座に着任。 ※老中首座とは、老中内での最高責任者

前半のまとめ

27歳の若さで老中首座となり、まさに幕府の最高責任者となった阿部正弘。

 老中首座とは、現代で例えるなら「内閣総理大臣」に匹敵する地位だそうです。

次回後半では、正弘が行った政治について紹介していきます。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5