and more...

(2) 青天を衝けキャスト紹介・27歳で老中首座となった切れ者阿部正弘について解説!

前回のあらすじ⇨(1)青天を衝けキャスト紹介・27歳で老中首座となった切れ者阿部正弘について解説!

福山藩第7代藩主であり、27歳で江戸幕府の最高責任者となった阿部正弘。

正弘が就任した老中首座は、現在で例えるなら内閣総理大臣。

今回は、老中首座となった阿部正弘が行った「安政の改革」についてまとめました。

安政の改革を行う

ここでは、下記の2項目についてご紹介します。

(1)人材育成に力を入れる

(2)訓練機関の設置

人材育成に力を入れる

嘉永7年(1854年)、アメリカと日本の間で、日米和親条約が締結されました。

アメリカと国交を始めると言うことは、他の諸外国からも開国を求められる可能性があります。

アヘン戦争で大国であった清がイギリスに敗北。日本がこの先、外国と向き合うためには国を強くすることが必須でした。

まず正弘は人材の見直しを開始。当時の幕府は、譜代大名だけが役職に付くことができたのです。

※譜代大名とは、関ケ原合戦以前から徳川に仕えていた大名。

※外様大名とは、関ケ原合戦以降に徳川に仕えた大名。

しかし、正弘は外様でも優秀な人材がいれば、雇用し、庶民には意見箱を設置。

身分に関係なく、たくさんの人々から意見を集め、周囲の人間の話をきちんと聞きました。

訓練機関の設置

更に正弘は、対外政策の一環として、海陸に備えた訓練機関の設置を行いました。

講武所(こうぶしょ)の設立

旗本や御家人などの子や兄弟などが、剣術や砲術を学ぶ訓練機関。(後の陸軍)

長崎海軍伝習所の設立

幕臣や優秀な藩士を選抜し、オランダ軍人を教師として、航海術を学ばせる養成所。(後の海軍)

 

39歳の若さで急死

人材育成や、訓練機関の設置など、江戸幕府の改革を行った阿部正弘。

この一連の改革を、「安政の改革」と言います。

正弘が、これまで幕府に関わりを持つことが出来なかった外様大名や、

身分に関係なく優秀な人材を雇用したことにより、

後の勝海舟などが政治に大きな影響を与えました。

しかし、正弘は39歳の若さで急死。過労が原因とも言われていますが、事実は分かりません。

正弘はかなりの肥満体で、正座が得意ではなかったとか。

しかし、人の話を聞く時はきちんと正座をして聞いていたそうです。

若くして、老中首座となり、多くの優秀な人材を発掘した阿部正弘。

彼のあまりにも早い死が本当に偲ばれます。

 

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5