and more...

(1)青天を衝けキャスト紹介・幕末の四賢侯(しけんこう)松平春嶽とは?

「青天を衝け」の登場人物をご紹介! 今回は要潤さん演じる松平春嶽(まつだいらしゅんがく)です。

松平春嶽は、徳川御三卿の出身で、第12代将軍・徳川家慶の従兄弟でもありました。

徳川の血を引くバリバリのサラブレッドだった松平春嶽。

幕末の四賢侯と呼ばれた春嶽は、どのような人物なのでしょうか?

そこで今回は、松平春嶽について紹介していきましょう。

聡明で賢い若年藩主

松平春嶽は、正式の実名は慶永(よしなが)。

生涯、春嶽の名前を最も愛用したそうで、 こちらでも、松平春嶽で統一させていただきます。

徳川御三卿・田安徳川家に生まれる

松平春嶽は、文政11年(1828年)、田安徳川家3代藩主・徳川 斉匡(とくがわ なりまさ)の8男として江戸城内の田安屋敷にて誕生。

幼名は銀之丞。 田安徳川家は、徳川御三卿(清水家・一橋家)の一つ。

幼少の頃より勉学に励み、大量に紙を消費していたことで、父親から付けられたあだ名が「羊」。

天保9年(1838年)、越前福井藩主・松平斉善(なりよし)が若くして亡くなり、斉善の兄だった徳川家慶らの推薦で急遽養子に入ることになります。

そして、11歳と言う若さで福井藩主に就任しました。

藩の財政を立て直す

当時は、どこの藩も財政難に苦しみ、福井藩も度重なる飢饉などで貧困している状況でした。

そんな様子を目の当たりにした春嶽は、藩の手許金を1000両から500両に減額。

自らの食事も一汁一菜を定め、木綿の安い着物を着て倹約。

人材も旧保守派を解任し、新たな人材を登用するなど藩政改革に乗り出します。

そして、水戸の弘道館に習い「明道館」を創設。 ※明道館は藩校として創設され、橋本左内らが学監(学生の監督をする役目)を務める。

少年藩主としての才覚

現代にしてみれば、まさに小学生の時に藩主となった松平春嶽。

羊の愛称で呼ばれるほど勉強熱心で、とにかく周囲の人間の話を良く聞きました。

そんな利発で聡明な若いお殿様を、家臣たちがしっかりと教育していこうと誓ったのです。

後半へ続きます。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5