and more...

初のホラーゲームは「マグナボックス・オデッセイ」から誕生!任天堂も協力

マグナボックス・オデッセイは、世界初の家庭用ゲーム機。

前回の記事では、オデッセイの発売年数や遊び方を軽くご紹介しました。

こちら⇒世界で初めて販売された家庭用ゲーム機は「マグナボックス・オデッセイ」

今回は、オデッセイにはどんなゲームがあったのか、もう少し掘り下げてご紹介していきます。

オデッセイにはどんなゲームがあったの?

こちらでは下記の2項目についてまとめました。

(1)オデッセイから発売された初のホラーゲーム

(2)任天堂が協力した別売りの光線銃

(1)オデッセイから発売された初のホラーゲーム

世界初のホラーゲームは、オデッセイから発売されました。

その名も「HAUNTED HOUSE」 。ハウスの色味などが不気味な雰囲気の カードゲームです。

また、オデッセイのゲームはテニス・ルーレット・スキー・アイスホッケー・SUBMARINEなど

楽しそうなラインナップが豊富に揃っています。

(2)任天堂が協力した別売りの光線銃

オデッセイは、別売りの光線銃が発売されていました。 実は、その光線銃は任天堂が発注を受け制作したものです。

ちなみに、これは任天堂がゲーム機を発売する前の出来事。

今や、任天堂と言えば知る人ぞ知る大手企業です。

日本も関わった世界のゲーム

世界初の家庭用ゲーム機に、日本の「任天堂」が関わっていたとは凄いことですね。

しかも、オデッセイの遊び方は単純ですが、テニスやホラーなど楽しく遊べる工夫が満載。

そんなオデッセイは、日本だけではなく世界の家庭用ゲーム機に影響を与えたのは間違いないでしょう。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5