大学生でも借金?借金の理由と借金の返し方とは

ライフ

大学生になるとバイトを始めたり、出費が増えたり、クレジットカードを作ったりする人が多いです。ついついお金を使いすぎてしまって借金をしてしまった…なんて場合もあるでしょう。

    • なぜ借金をしてしまったのか
    • どのくらい借金してしまったのか
    • 借金はどのようにして返していけばよいのか
    • お金を借りるときの注意点

これらを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

大学生がお金を借りる理由とは?

一生のお願いごめんなさい

お金を借りる理由は様々ですがだいたいは娯楽費用、奨学金、留学費用のため、運転免許証取得のためです。それぞれ詳しく解説していきます。

娯楽費用

キャッシングする本当の理由はこの娯楽費用であり、要するにお金の使いすぎです。多くの大学生がバイトをしているため、収入以上のお金を使ってしまうことはついついあるでしょう。「どうしても○○を今月手に入れたい…」などの理由でどうしても借金せざるを得ない時がほとんどです。

留学費用

留学は短期や長期、行く場所によって予算が変わってきますがやはりどの場合でもある程度のまとまったお金が必要であることには変わりありません。このような時には借金するしか方法がないときもあります。将来のために留学が必要ならば借金をすることも検討の余地があります。

運転免許取得

多くの大学生が就職する前に運転免許を取りに行きます。運転免許証は身分証の代わりになるほか車を運転する機会は将来的に多いので運転免許証を持っていて損はありません。しかし運転免許証をとるには30万前後のまとまった費用がかかるためバイト代で賄うことが難しいこともあります。そういう場合に借金をする場合が多いです。

どのくらい借金するのか?

新しいレンズ沼にはまりそうでé­ç—›ãŒç—›ã„

目的によって借金する額は違いますが大体どのくらいの借金をするのでしょうか?

10万程度

生活費や交際費が足りない場合にキャッシングなどで10万円ほど借金することが多いです。上の目的別で分類すると娯楽費用に入ります。

30万程度

近場の外国への留学費用や運転免許証取得などにかかる金額です。バイトで賄うことができない場合が多く借金を申請する人が多い額帯となっています。

100万程度

一年間の学費や留学費用、または生活費などで借金する場合が多い金額となっています。大変高額の借金となっていますので審査基準が低価格帯より厳しめになっています。

借金の返済方法

「追い込まれてもなお言い逃れする元エリート」[モデル:OZPA]

借金をしてしまった場合、どのようにして借金を返していけばよいのでしょうか?

バイトをして稼ぐ

これが一番現実的な方法です。頑張れば月に10万程度稼ぐことができるのでちょっとした生活費などで借金した場合はすぐに返すことができます。

親に借りる

大学生のうちはまだ親に借金のお金を借りることができる家庭もあるかもしれません。その場合はきちんと事情を説明したのちに借りましょう。

ローンを組む

高額帯の借金をしてしまった場合、すぐに返すのは厳しいですよね。そういう場合にはあらかじめ借金するときにローンを組んで返していくしかありません。利息などが多く取られる場合もあるので注意が必要です。

借金をするときの注意点

怖い顔で借用証について言及する男性

毎月少額しか返せない場合は元金がなかなか減らず、利息すら返せずどんどん借金が膨れ上がっていくという悲惨な状況になってしまいます。

当たり前ですが無理な借金はしないことが大事になってきます。きちんとした正当な方法でバイトをして金を稼ぎ少しでも返していきましょう。本当に困ったときは前述した方法で返済します。

一番良いのは借金をしないことですが、もし借金をしてしまうときは自分の収入に見合った額を借り入れることが大事です。

コメント

  1. […] 借金ができてしまう理由とは… […]

タイトルとURLをコピーしました