ハイフンがKAT-TUNの魅力をざっくりと語ってみた。

KAT-TUN

こんにちは、ジャニヲタkomachiです!

今日は私が好きなKAT-TUNの魅力を語りたいと思います。

 

ご存知の通りKAT-TUNはもともと6人でした現在は3人。

(いや、最近の若い子はもしや知らないのか…?)

デビュー10周年の2016年から充電期間に入り、

2年の時を経て再始動しましたよね。

 

充電前最後のライブも

ジャニーズカウントダウンに突如3人で現れたの

昨日のことのように覚えています。

この時のカウコンは見ていた方も多いのでは(*^_^*)

 

さて、KAT-TUNといえばとにかくライブ!

Jr時代からたくさんライブをしてきました。

2002年には東京国際フォーラムで初の単独ライブを行い、

デビュー前にも関わらずなんと55万人が応募!

 

そしてCDデビュー5日前には単独で東京ドーム公演!!

(しかもドームから中継をつなぎMステに出演)

 

そしてそして2009年には東京ドームで驚異の8日間連続公演!!!

 

とにかく数々の史上初記録を持っているのです。

 

グループとしては色々ありましたが、

KAT-TUNは今も変わらずファンを魅了しています。

その理由はなんと言ってもライブでのパフォーマンス!

 

ジャニヲタなら一度は

「KAT-TUNのライブは超かっこいい」

「KAT-TUNのライブはマジで特効がやばい」

などと耳にしたことがあると思います。(私調べ)

 

炎がバンバン、花火はドッカン、爆発して煙モクモク。

レーザーもすごい!レーザーの申し子か!!

過去には上田くんがタバコを投げて放火するという演出もありました。

(文字にすると治安が悪すぎる。笑)

 

とにかく一度KAT-TUNのライブに足を運んでほしい!!!

 

あとはロックでかっこいい楽曲が多いのも彼らの魅力♪

有名な方も楽曲提供してくださってます。

 

デビュー曲は100万枚以上の大ヒットとなった『Real Face』。

スガシカオさん作詞、B’zの松本孝弘さん作曲

ということでも話題になりました。

 

実はこの『Real Face』、今3人で歌っているのは#2なんです!!

 

ちなみに#1は、『Real Face』と同時発売した

アルバム『Best of KAT-TUN』

(デビューと共にベストアルバムですよ皆さん!)

にアレンジ違いバージョンとして収録されています。

 

その後もデビュー曲だしライブでも歌い続けてきたけど

いかんせんラップが…ラップ部分が……

(察してください)

 

長らくラップをカットした状態で歌ってきましたが、

再始動一発目のシングルのカップリングとして

満を持して登場した『Real Face#2』。

ラップも新たに書き下ろされています!

ぜひ聴いてみてください♪

 

さらに『Real Face』にはなんと!

アンサーソングもあるんです!!

デビュー10周年に発売したベストアルバムに

収録されている『君のユメ ぼくのユメ』。

こちらもスガさん作詞作曲です。

本当に素敵な曲ですのでぜひ!!

 

他にも

『僕らの街で』は作詞作曲が小田和正さん

『Keep the faith』は作詞が氷室京介さん

などとっても名曲が多いので聴いてみてください♪♪

 

あとロックテイストな曲が多めということもあってか

ハイフン(KAT-TUNファンの総称)はやたら元バンギャが多い。

 

そして上田くんを好きになる傾向にある。主観ですが。

でも私の周りのバンド好きな人は結構な確率で

上田くんかっこいいと言っているのでね。

きっと何か響くものがあるのでしょう…

 

と話がそれましたが。

とにかく楽曲聴いてほしい!

ライブに来てほしい!!

せめてライブDVDだけでも見てほしい!!!

と思っております。

 

おすすめDVDについてはまた別の機会に

書きたいと思います(^_-)-☆

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

komachiでした♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました