and more...

現代では考えられない恐怖の手術法「ロボトミー手術」とは?

1940年代に行われていた「ロボトミー手術」をご存知でしょうか?

ロボトミー手術は、精神疾患をもつ患者に対し行われていた外科的治療です。

その恐ろしさからGoogle検索には「ロボトミー手術 廃人」「ロボトミー手術 後遺症」などの、検索候補が出てきます。

今回こちらでは、ロボトミー手術について簡単に紹介していきましょう。

恐怖の外科的手術

ここでは、下記の2項目についてまとめました。

(1)アイスピックを使った「ロボトミー手術」

(2)ロボトモバイルで全米を回る

アイスピックを使った「ロボトミー手術」

1940年代、アメリカ合衆国出身の精神科医であるウォルター・フリーマンによって1つの外科的治療が生み出されます。

その名も「経眼窩ロボトミー(アイスピック・ロボトミー)」 アイスピック・ロボトミーは、統合失調症や鬱病の患者に対し行われていました

アイスピックのような棒をまぶたの裏に差し込み、金槌で前頭葉まで入れたあと、神経繊維を切断するという方法です。

ロボトミー手術を施すことで、興奮などを押さえ込む効果があったと言われています。

ロボトモバイルで全米を回る

ウォルター・フリーマンは、アイスピック・ロボトミーを普及させるために「ロボトモバイル」と名付けた自家用車で全米を周りました。

こうして、全米各地で患者にロボトミー手術を施していたそうです。

アイスピック・ロボトミーが簡易的で10分程度で終了するため、多くの地域に広めることができたのかもしれません。

人間の脳を切り離す恐ろしい手術

精神疾患を持つ患者にとって、当時画期的であったアイスピック・ロボトミー。

ただ、今よりも設備が整っていない時代に、脳を切り離すのは恐怖しか感じられません。

また、実際にアイスピックを用いることもあったそうですから、想像するだけで恐ろしいですね。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5