and more...

【1】645年に起こった大化の改新!主要人物についてざっくりと解説

大化の改新と言えば、日本の歴史上最も有名な出来事の一つ。645年と言う年号も、語呂合わせで覚えた方が多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する蘇我入鹿(そがのいるか)は、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)、中臣鎌足(なかとみのかまたり)の二人によって暗殺されました。

飛鳥時代の大きな出来事の一つ、大化の改新に関係した人物を、簡単にまとめていきます。

 

祖父は蘇我馬子(そがのうまこ)

今回は、蘇我入鹿について、下記の項目を簡潔にまとめました。

1.蘇我入鹿とはどんな人物?
2. 山背大兄王(やましろのおおえのおう)を攻める!

1.蘇我入鹿とはどんな人物?

蘇我入鹿の生誕は不明。祖父は蘇我馬子。馬子は豪族の頂点に立つ存在で、聖徳太子と共に政治改革を行いました。

当時の天皇は、第34代舒明天皇(じょめいてんのう)。入鹿は、643年に父の蘇我蝦夷(そがのえにし)から、大臣職を譲られます。

しかし、入鹿は横暴な行動が多く、蝦夷も頭を悩ませていました。

 

2. 山背大兄王(やましろのおおえのおう)を攻める!

やがて、舒明天皇 が亡くなると皇位継承をめぐり、山背大兄王と対立。山背大兄王は聖徳太子の息子であり、有力な皇位継承者でした。

入鹿とは従兄弟同士でありながら、不仲だったと言われています。

入鹿は舒明天皇の第一皇子、古人大兄皇子(ふるひとのおおえのみこ)を次期天皇に擁立しようと企て、643年山背大兄王を襲撃。

後に山背大兄王は、自害に追い込まれ亡くなります。 しかし、古人大兄皇子の皇位継承は認められず、第35代皇極天皇(こうぎょくてんのう※舒明天皇の妻)が即位。

入鹿は、やがて天皇を横目に、自ら政権を握るようになっていきました。

乙巳の変(いっしのへん)で暗殺される!

645年、蘇我入鹿の独裁を許さない中大兄皇子と中臣鎌足が入鹿を暗殺。

この出来事は乙巳の変(いっしのへん)と呼ばれ、入鹿の死によって蘇我氏は滅亡へと追い込まれていきました。

次回は入鹿を暗殺した人物、中大兄王子について解説していきます。

-and more...

© 2021 たくあん Powered by AFFINGER5